國分先生の『スピノザー読む人の肖像』(岩波新書)は、すごい本だ。まずはそういう感想。何度も読まなければならない。僕は『エチカ』が好きなので、それについて書かれているところをとりわけ繰り返して読むのだけれど。感想を追加すると、鑿の一閃、揺るぎなき彫刻、によってスピノザ哲学・倫理の輪郭がガチっと現れる、とでもいう感じ。今までほわっとしていた姿が明確に削り出されてくるような。  挙げればきりがないけど、P.188からの、「「意識は原因について無知である」という単なる否定的な説明に留まることはできない。・・・意識は目的を知っているのである。・・・」。鑿の一閃だ。スピノザ哲学、倫理を実践するためには、考えを進めていかなければならないという決意。『はじめてのスピノザ』(講談社現代新書)p.124では、「意識は行為において何らかの役割は果たせるのです。」というところからより実践へ向けて彫り進められる。  『はじめてのスピノザ』P.122、「では意識とは何でしょうか。スピノザはこれを「観念の観念」として提起しています。」から、『スピノザー読む人の肖像』P.195「・・・しかし、あらゆる観念の観念が意識であるわけではない。」ドゥルーズの解釈からのさらなる踏み出しによって、より実践的な行為へと導いてくれる。鑿の一閃、揺るぎなき彫刻刀の進み。  P.346について書くのははやすぎるかもしれないけれど、すんごいんだなあ。「・・・言葉で説明できるのは能動性までである。自由は言葉で説明できる水準には位置していない。・・・だとすれば我々が本当に『エチカ』を理解したと言えるのは、我々自身が『エチカ』の言う意味で能動的に生きて、ある時にふと、「これがスピノザの言っていた自由だ」と感じ得た時であろう。倫理学という実践的なタイトルを与えられたこの書は本当に実践的な書である。スピノザは言葉を用いて、言葉が達し得る限界にまで、我々を連れてきてくれたのである」。そして、國分先生も言葉を尽くして語りつつ、我々の倫理の実践が大事と説く。  この本をまた形容するなら、『エチカ』を自転車的乗り物と考えると、最初から進むにはギアがなくて重すぎる。5段ギア的である國分先生の本を装着して、進みやすくしながら段々ギアを落としていく。そして『エチカ』をノーギアで漕いでみる。時に坂道ではまたギアを入れて進み、いつかは『エチカ』号と一体になって進む、そのための最強のギアだ、という感じでしょうか。僕なりの形容でしかないですが。  もう何年も前に『1945年の精神』というDVDを発売するときに、ブレイディみかこさんのご提案により、國分先生の映像を撮るという、ありがたい機会に恵まれた。國分先生のご自宅にお伺いし、撮影する予定だったが、あいにく道路工事の大きな音によってご自宅での撮影は断念。近くの公園での撮影をご提案頂き、そこまで歩いていくことになった。先生はその頃『中動態の世界』の最終校正の時期だったと思う。おぼろげな記憶なのだが、先生はその本の主題について考えることによって、スピノザについてどうしてもわからなかったことがわかるようになった、というようなことをおっしゃっていたように思う。僕には全く分からなかったので、何も言えなかった。僕は話をそらすように、スピノザの「永遠の相の元に」というのはどういうことなんでしょうか、という質問をした。いやあ素人がいきなり思いつきでしてしまった。先生は「それはまたにしましょう」と言ってくれた。それは今説明しても長くなるし、それを問う前に僕にはまだ考えることがあることを、さりげなく教えてくださったのだと思う。  『エチカー読む人の肖像』P.340の永遠性についてのところ。自身のその時の記憶もあって、この鑿の一閃に感動している。
2022/09/24
 いやー、日本がひどいことになってることがよくわかる。なんといっても、安倍元首相殺害事件から注目されるカルト宗教団体の実態と自民党の癒着問題。これは一部は除くメディアが取り上げることで、どんどん明らかになってるから、そのあまりの酷さにあきれる続けている。私としては、こんな自民党が与党であり、かつ内閣として行政権力を握り、長きにわたって日本を動かしてきたということに衝撃を受けた。安倍政権がどれほど酷いことをしてきたかはほとんどの人が分かってるにもかかわらず、それらがなぜかうやむやにされて今まできた。権力によりうやむやにされてきた。オリンピック贈収賄事件ももちろん、やっぱりね状態。なんとなく変じゃないか、と多くの人々が思っていて、それもあからさまになりつつある。権力者の死によってようやく出てきたのか。それも悲しむべきこと。権力者の思いによって腐敗はいかようにも隠蔽されるということだもの。  しかし、その腐敗まみれの権力が日本の方向性を決め、マス・メディアも追随し、国民は無知状態におかれて、ひどい状況が作られた。マス・メディアのもっともらしさというのはそれにしてもたちが悪い。政権に依存しつつ、それを決して表に出すことはなく(出てるけど)、さも中立的立場で伝えているようなもっともらしさ・・・。振り返って気づくしかないのだろうか、なんちゅーか各マス・メディアを動かすイデオロギーがあまりにも醜いことが改めてよくわかった、ということですね。今の、カルト宗教追及は、どっちに行こうとしてるのか後でわかることなんかな。  ついマス・メディアの酷さの方に行ってしまった。いやあまりに酷いのだ、政権、長期腐敗体制(『長期腐敗体制』白井聡氏)が。その政治がカルト宗教の信条に多く一致しているだと!夜中に頻尿で目覚めることはあるんだが、ふと、この日本はやばいことになっていたんだし、やばいことにした権力者がこんな状態だったということに衝撃を受けて目が覚めることはなかった。多くの議員はカルト宗教に依存してでもただひたすら自分が当選し、報酬で生きることしか考えてなかった。人々のための代表であるという基本など無い、ということが分かったのであった。それらが権力を握っているということのなんとおぞましいことか。日本が良くなるわけがないぢゃないか、と改めて思うのだった。  3日後に国葬ですか・・・。これも悪夢だ。腐敗体制の中心人物を国葬だって。カルト宗教万歳政権だ。  多くのマス・メディアは国葬を中継するんかな。どういう風に?嘲笑の的として?列席者については色々な面から取り上げられるんだろうな。  最近グレゴリー・ベイトソンの『精神と自然』(岩波文庫)を読んでますが、面白いです。論理階型(ロジカル・タイプ)から、上記のことをふと考えてしまった。権力が発言する、またはマス・メディアが発言する、その発言が駆動されるには、なんらかの別の論理階型が必要だけど、それがあまりにも酷かった、といことになるんかな。メタ・メッセージに気づく、という、別の論理階型が必要だ。しかし、それはどうやったら手に入るのか・・・。
2022/07/21
 いやはや、2か月間を空けるとホントにいろんなことが起こるなあ。前のブログにもそんな感想を書いたけど、ホントにまあ色々。...
2022/05/21
 インターFMの日曜16時からの「松浦敏夫のTokyo...
2022/03/20
 2か月の間の色々なこと。コロナ感染の猛威。今でも東京は7,000人越えの感染者という。BA.2の拡大はこれからなんだろうな。ロシアのウクライナ侵攻。あってはならないことが起きてしまった。3月19日のTBS「報道特集」、金平さんのベラルーシ、ルカシェンコ大統領への取材。恐ろしい緊張感。街での一般人への取材。人々の苦悩が滲み出る。凄いとしか言いようのない報道だった。地上波TVはほぼ見ないけど、これだけは見るようにしている。  外出を控えることが続く中、自転車で5分の所にある世田谷文学館での「谷口ジロー展」に行った。ボリューム満点。圧倒される。もちろん知っている漫画家だが、熱烈に読んでいたというわけではない。週刊漫画誌で『青の戦士』を読んだことがあったような。そして10年以上前か『孤独のグルメ』の単行本を買ったくらい。最近『孤独のグルメ』を録画して観てたので、その勢いで行った。寄せられた著名人コメントでは、『孤独のグルメ』主演の松重豊さんのものが印象深かった。「谷口さんの絵はリアリティーの中に気品がそそり立っていて、そこに実写で立ち向かうにはかなりの覚悟が要りました。細部に至るまで手が抜けない作業を自らに課すことになったのは、良い意味で谷口さんの呪縛に他なりません。」。感想を述べたり、批評する言葉を紡ぎだすのは苦手で、人の言葉に納得するしかないのだが、「気品がそそり立っていて」というところに、全くそうだと思った。  そしていつものように怒涛のように本が出版されるわけで、Twitterフォローの方々の貴重な情報によりいくつか買う。『治療文化論』(中井久夫著/岩波現代文庫)。落ち着いた文体と言うのだろうか、心の中がシーンと静かになり、人間の心(心の病)をどうとらえるか,ということを素人にも考えさせてくれる。スピノザ関連では『スピノザ 人間の自由の哲学』(吉田量彦著/講談社現代新書)を読む。とても良かった。  『エチカ』の理性が共通概念で、それによる認識が第2種の認識ということ、と理解してるんだが(いいかしら?)、理性というものは最初から備わっているけど、それを使用することが難しいのか、などなど、今までなんかよくわからなかった。この本を読んで、なるほどなと改めてわかったように思えた。超抜粋だけど「理性は、人間の初期装備ではないのです」(p.287)。「そもそもスピノザは理性を・・・適切な訓練を受ければ誰でも身に付けられるような能力とも考えていません」(p.311)。「こうして人間のうちに後天的に形成される十全な観念の一大ネットワークこそ、スピノザの理性と呼ぶものであり、・・・」(p.323)「理性とは本質的に、受け身のあり方を事後的に能動的なあり方へと修正する事後処理の装置であり、・・・要するに、一発食らってからでないと作動しないのが理性なのです」(p.327)とあった。ふーむ、経験を“認識”する、出来る限り共通概念に沿って。そうすると段々と第2種の認識が形成されてくる、ということか・・・。ドゥルーズの『スピノザ 実践の哲学』(平凡社ライブラリー)、共通概念の項に「<理性>がいかに述べるような二通りの仕方で定義されるのもそのためであり、これは、人間が生まれながらに理性的なのではないことを、いかにしてそうなるのかを、示している」(p.105)。理性的になっていく、ってことが書いてあるじゃないか。読み飛ばしてるなあ。いや、そもそも何を読み取ろうとしてるたんだ?そんな僕に吉田量彦氏の本が、スピノザの<理性>について輪郭をはっきりさせてくれたのは嬉しい。しかし、ここには観念の観念(意識)というものを考えておかないと混乱することは間違いない。そんなことを考えてしまっていたら、國分功一郎氏が3/21「月夜(げつよる)サイエンス」という催しで「スピノザから考える意識の問題」というテーマでお話しされるらしい。興味深い。。。  最近出たものでは『現代思想入門』(千葉雅也著/講談社現代新書)は、超注目されてる本。本屋さんでは続々特集が組まれてる模様。「現代思想を学ぶと、複雑なことを単純化しないで考えられるようになります。単純化できない現実の難しさを、以前より「高い解像度」で捉えられるようになるでしょう。」(p.12)。実践の書!ドゥルーズの『差異と反復』からの引用、それをどう読むかの解説!嬉しいなあ。また開く勇気をもらう。『なんでも見つかる夜に、心だけが見つからない』(東畑開人/新潮社)も良かった。というかこれも実践の書。心の中に引く補助線。心について考える。少しでも考えられるようにする、こと。人と人について。自分と人の心について。人と社会、時代、状況。 (一般人に読みやすいようにという、細心の注意を払って書かれた本たちなので、さらっとまずは読んだけれど、何度も読んで実践に繋げねば、と思う。)  読んだ本は結局そのあたりを考えさせる本ばかりなのかもしれない。として、僕はなんでそれらを考えたいのか。。。前回から、いやずっとかな、そのあたりをぐるぐる回ってるような気がするなあ。年を重ねても、いつも身も心も大海に浮かぶ小舟のままだ。
2022/01/23
 2か月というのは、短いような長いような。それにしてもまたいろんなことがあった。そうヤクルトスワローズが日本一になった!コロナが収束したように思えたので帰省した。と思ったら昨日で東京1万人越え!まだ増える様子。悲しすぎる背景の事件の数々。統計偽装。年金支給額は0.4%ダウンというニュース!あまりにひどいではないか。国民年金は最高でも6万くらいだから、それだけで暮らせるわけもなく。それなのになんちゃらスライドの理由で下げるという・・・。日本も終わりだと思わざるを得んね。先日の電車でサラリーマンが読んでいた日経の一面には円の実力は30年前位になったという見出し。『人新生の資本論』(斎藤幸平著)が45万部突破ということだから、多くの人が危機感を持ってることは間違いない。  コロナで引きこもり状態になるので、本もいくつか読む。國分先生の『暇と退屈の倫理学』が文庫になった。ひとりで考えることへの導きの書だ。『ドゥルーズ 内在性の形而上学』(山内志朗著/講談社選書メチエ)はとても面白い。一度読んだ後に何度も開きたくなる。“存在の一義性”って途方もない思想なのね。「スピノザは存在の一義性を否定している。」(P.23)!?なんと!以前、なんとなくで書いたことに赤面する。ええっ、そんなに途方もない考えなのか、とビビってしまい、「存在の一義性 ヨーロッパ中世の形而上学」(ドゥンス スコトゥス 著、八木 雄二翻訳/知泉学術叢書 )を買ってしまう。この本高いけど、なんかデザインもいいと思っていた。ああ、このなんちゅうかミーハーで、いまだ見栄っ張りで、素人がちょびっと考えたいと思う、いじましさかな。  僕はそんな奴だから『ドゥルーズ 内在性の形而上学』の中にあるこの文章は面白かった「『差異と反復』の深度は並大抵のものではない。息を止めて深い底にまで潜り、読者は息が続かずもう我慢できないところまで来ても、さらに潜り続けようとする。あの耐えられない深度の継続こそ、壮年期のドゥルーズの姿だと思う」(P.30)『差異と反復』も見栄とミーハー心で読んでみるものだから当然全く読めてない。形容するなら、潜れないので水面に浮いたままだ。または潜ろうと思うけど、すぐに苦しくなって10秒持たずに水面へ。そして深い眠りの海へ・・・。てなところ。  最近、『精神と自然』(グレゴリー・ベイトソン著、佐藤良明訳/岩波文庫)を読み始めたが、P.57あたりから「現在の前提の是非を問い、非ならば破棄して新しい前提をつくるところに科学的思考の目標がある。・・・前提の組み替えにあたっては、自分たちがいかなる前提を基盤にしているかを意識すること、そしてそれを言葉で把握できることが、不可欠とは言わぬまでも、望ましいのは明らかである。」。P.58に「自分の拠って立つところが誤っている可能性に意識が及ぶことのない人間は、ノウハウしか学ぶことができない」とあった。  科学の世界では前提をパラダイムというんだっけ?それがほかの分野にも広がった言葉でしたか・・・。構造主義とか、エピステーメーとかも近いのかな。ドゥルーズのアレンジメントも入れていいですかね。いや違うんだろうけどまあいいや。なんかこう、自分が考える、いや考えるというより、感情の方向性を決めてる前提のようなものがあるんじゃないかと。野球が面白い、スワローズ勝って嬉しい!コロナは風邪じゃなかろう。引きこもろう。年金0.4%ダウンだとー!(怒)とか。『暇倫』は消費と浪費の違いが書かれてあったけど、自分の消費の癖とか。ドゥルーズをわからんのに読んでしまおうとするその欲望とか・・・。  前提・・・。個人の欲望は精神分析的に探るか。しかしその個人も社会の制度やら習慣をベースとした環境で生きてきたし生きてる。生きられる前提には人は地球がある。生きる前提としての自然。人が生まれる前からある存在。スピノザの「神即自然」に思いを馳せる。それがこれ以上遡れない前提なのかな・・・。『人新生の資本論』のテーマは大事だと思うこの頃であった。
2021/11/20
 この2か月の間にはいろいろなことがあったように思える。いつも何かが起こっているのだろうけど、結構自分にとってはなかなか色々あった2か月だったということだろう。...
2021/09/19
 一昨日から一泊で水俣に行ってきた。映画『MINAMATA』のプレミアム試写会があったが、ご縁で行くことになったので。水俣病は既に有名であり、被害者の皆さんがどれほど闘ってきたかと、いうことは聞こえてくるところではあった。私は7、8年前になぜか佐藤真監督ドキュメンタリー映画DVDパックの中にある『阿賀に生きる』を観たこともあってだろうか、自分でもよくわからなが、引っ掛かっているところもあったのだろうか。お誘いを受けて水俣に行くことができたわけです。  話はそれるが、前のブログから2か月の間に素晴らしい本を読んだ。『みんな水の中』(横道誠著 医学書院)、『心はどこへ消えた?』(東畑開人著 文藝春秋)、『みんな・・・』は自閉スペクトラム症とADHD(注意欠如・多動症)を診断された横道さんがどんな世界を生きているかという内側からの記録。『リハビリの夜』(熊谷晋一郎著 医学書院)に感動したことを思い出す。しかし、この『みんな・・・』を読むと、健常者と傷害者とわけるのは無理だと改めて思った。そのグラデーションにあえて区分を設けなければ出来る治療もできないのかもしれないが、意識の変革が必要だと思った。『心は・・・』は心療内科に来る相談者の心の悩み、大きな物語にかき消されそうになる小さな物語、人それぞれの心の複雑さに目を向ける。ふと、立ち止まる・・・「いったい私はなにをしてるんだろう・・・」「ああ、こんなに苦しいのはなんでだ?」「あの時の自分はいったい・・・」「なんで、それが許せない?」・・・。自らのこころにふと目を向けさせる、東畑氏の言葉。それは自分も考えさせられる。日常行為、日常的に沸き起こる感情、日常的思考に、はたと別のこころが働く・・・。「なんで、自分はそんな風に感じたり、考えるんだろう」。そんなことに気づかせられる本であった。ああ、これは秋が近いなあ。  そして水俣の本。『みな、やっとの思いで坂をのぼる』(永野三智著 ころから)。水俣市、水俣病に苦しむ人々のひとりひとりの声を聞く永野さんの記録。ひとりひとりの言葉・・・。「水俣病」をよく知らぬ人は(私も)、一括り、二括りのイメージで捉えているであろうが、「水俣病」の被害者と一括りに考えることは到底できないのであり、その言葉を聞き続け受け止め、そして自らのこと、被害者の闘いへの思いなどが、綴られている。読む者は、「水俣病」を自分としてどう考えようか、とふと立ち止まる。一括り、二括りで語る、ステレオタイプの思考、を崩されてしまった後、さてどんな感じが体にやってきて、どんな言葉が立ち上がるのか。ふと立ち止まり、消えた心はどのように現れるのだろうか・・・」まだまだ、その心がやってくるには早いのかもしれない。  水俣の相思社で永野さんにお会いできた。時間もなくて少しだけしかお話しできなかったけれど、まずはお会いできて良かった。「森元斎著『国道3号線』の中に出てくる“相思社の知人”が永野さんですね」ということを余談としてお話しするなど。  「水俣病」について何をどう考えよう。『日本の思想』(丸山真男著)、『もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く』(安冨歩著)あたりの、日本人の思考習慣からも考えてみる?國分功一郎氏の『来るべき民主主義』などで行政のこととか?もちろん「水俣病」関連本はいうまでもなく。そうだ、相思社で買った『図解水俣病 水俣病歴史公証館展図録』はすっばらしい!と思います。チッソという会社のこと、有機水銀のこと、闘争のこと、住民の複雑な思い、行政のこと、障害状況のこと、差別のことなどなど、それが図や、データ、当時の記事、などで現わされて、多面的でかつすごくわかりやすい!。これはですね、みんな絶対手に入れた方がいいです。ちょっとこの図録はテンションあがりました。  慌ただしい出張で水俣湾を見ていない。一昨日は雨で、かつ車での移動で街を感じる時間もなく、昨日はよく晴れたが、イベントでこれまた会場に入りきり。帰りの新水俣駅は静かであった。そういえば会場を出て車で移動する時も静けさを感じたのであった。台風14号のなごりの風が少しあったか・・・。スピノザの『エチカ』を読むたびに風を感じるという人は多い。そしてその風のなんと心地よいことだろう。水俣にも新しい風がきっと吹くのだろう。しかしそれは、きっと日本全国に吹いてほしい風だ。
2021/07/17
 『エチカ』で示されている身体と精神のありようについての考えに驚き続けていて、そういう状況もあって、“こころ”についての本があらためて読みたくなっていた。...
 『スピノザ入門』(文庫クセジュ)の改訂新版が出たので、早速購入。読んでる途中。2008年に発売されたものは中古だとえらい高くなっていて手が出なかったので、改訂新版として出てとても嬉しい。「<伝説抜きのスピノザ像を描く>評伝の決定版」とコピーにあるのがそそられる。訳者あとがきにあるように、「・・・スピノザ主義の歴史的な「受容」を解説することにある。言い換えれば、本書は、スピノザという哲学者がどのように生き、何を論じ、どのように受け止められてきたか、を解説するバランスよい<スピノザ入門>である。」から、スターに憧れるファンのような見方(?のような)から、もう少し冷静に考られるようになる、かもしれない。これはファンとしてはやっぱり知るべき情報だろうと思う。とは言え、それと『エチカ』のことを考えるというのはまた別の話。  僕のような素人が 『エチカ』を読むと、何度読んでもわからんことや、ピンとこないことが次々と出てくる。こーなのか、あーなのかとうつらうつら考えつつ(考えてないかもしれない)、寝かし、忘れ、しばらく経って、ふと、ああそうなのね。となることが幾度も。しかもそれもこちらの勝手な思い込みという場合があり、それもまたやっぱりそうじゃない、違うわこれ、となって、またグレーになる。  そんな状態なので、また最近ふと気づいたことがあって、それはもう当然とされてることなんだろうけど、自分の中でなるほどと思ったことが出てきた。実体(神)の属性として延長と思惟があって(人間に把握できる属性として)、この世界のあらゆるものが延長と思惟という属性によって表現される。というとき、じゃ、石にも思考があるんかね、と思うのは違うということだった。定義上、実体(神)は延長と思惟の属性によって表現されるのだから(延長⇒物体、思惟⇒観念)、石は実体(神)において延長と属性により表現されたもの、ということなんだなと。なんか僕はおんなじことを繰り返してるみたい。 つまり、石の観念は実体において表現されてる。これは人間にはわからんこっちゃ。ということで、ここで僕は宙づりにしておきまして。しかし、これは『エチカ』を読むと、もちろんそのように書かれてることなのに、どうしても、思惟というと、考えること、という風に捉えているので、わからなくなるんだとわかる。読んでも読んでないということなんですね。こういうのが沢山ある。國分功一郎先生がOSが違うと『100分de名著』で書かれていたけど、そういうことも含めてなんだろうなあ。  それにしても『スピノザ 実践の哲学』(ジル・ドゥルーズ著、鈴木雅大訳 平凡社ライブラリー)はホントにすごい本だ(翻訳がすんばらしいと思う)。『エチカ』主要概念集のところなんてもう最高ですね。これどういうことなんかなと思ってみると必ずその項目があって、超絶的な説明がされてる!ひゃーっすごい~、なるほどー、の連続。  だものですから、クセジュの『スピノザ入門』を開き、気持ちを落ち着けようと思ってます。 

さらに表示する